AEGIS 360 - UVGI紫外線照射・空気環境改善 イージス360 UVGI紫外線照射・空気環境改善 イージス360

感染症対策関連 補助金対象
AEGIS360の3つの特徴

  • UVGI紫外線照射灯 空気環境改善 イージス360

    人がいる室内でも安心・安全に紫外線照射が可能

    「イージス360」は360度に広がる羽板構造によって、紫外線を水平方向にのみ照射し、天井付近に紫外線の空気環境改善エリアを作ります。
    人の生活エリアには紫外線を照射しないため、例えば24時間人が活動しているような室内でも安心・安全に利用することが可能です。

  • UV-Cランプ

    出力減衰が極めて低く、長寿命なUV-Cランプを使用

    「イージス360」ではフィリップス社TUVシリーズのUV-Cランプを使用しています。一般的に使用されるUV-Cランプと比べ、出力効率が非常に高いのが特徴。またランプの寿命末期の出力減衰を極めて低く抑え、最先端技術による長寿化が実現されています。フィリップス社独自の高品質ガラスが使用されており、人体に影響があるオゾン形成放射線(185nm)をカットします。

  • 多くのウィルスや菌の増殖を抑制

    紫外線を360度照射し、多くのウィルスや菌の増殖を抑制

    研究により、菌やウィルスの増殖抑制には253.7nm(UV-C)付近の波長が最も高い効果を発揮するとされています。
    「イージス360」は253.7nmの波長を照射するUV-Cランプを360度に照射することで、多くのウィルス・菌に対し、高い環境改善効果を発揮します。

 

 製品資料ダウンロード  商品に関するお問合せ

屋内の上昇気流自然対流を利用し、
舞い上がったウイルスや浮遊菌を
3秒間98%除去します。

AEGIS360は
様々な屋内施設に導入されています
(※補助金 無料申請支援)

  • 病院 -病院
  • 学校 -学校
  • クリニック・介護施設 -介護施設
  • ジム -ジム
  • 歯科医院 -歯科医院
  • ロッカールーム -ロッカールーム
  • 図書館 -図書館
  • 飲食店・レストラン -飲食店

 
 

STOP感染症トーキョーサミット
東京国際フォーラムでの設置風景

AEGIS360は、
バイオメディカルサイエンス研究所にて検証を行い、
高い効果が証明されています。

「UVGI紫外線照射器 AEGIS360のヒトコロナ・インフルエンザ・ネコカリシ(ノロウイルス代替)各ウイルス不活性評価」報告書

また、他社製品の性能と比較すると、
コストパフォーマンスに優れています。

AEGIS360 A社 B社 C社
効果範囲 54〜97㎡ 20〜40㎡ 〜60㎡ スポットのみ
学術的根拠 あり あり 不明 不明
ランプ交換 9,000時間 4,500時間 4,500時間 3,000時間

 製品資料ダウンロード  商品に関するお問合せ

導入事例

  • 放課後等デイサービスぱれっとぷらす 様

    発達に特性のある子ども達のケアや、きめ細やかな配慮に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、感染予防にも気を配らなければならず、現場では常に緊張感が漂っています。事業...

  • 医療法人仁優和 ひらかわ歯科医院 様

    例えコロナ渦であっても、もともと患っている病気や症状で悩んでいる患者さんが減るということはありません。規模の小さい医院やクリニックであっても、医療機関として患者さんを診療...

  • 当社ゼロメディカル セミナールーム

    新型コロナウイルスが深刻な影響を及ぼしている昨今。その影響は1年、もしくは数年…。より長い目で見ていく必要があることは多くの方が実感しているはずです。未曾有の状況で、お客...

 過去の導入事例を見る

製品仕様

型式
TAO18W01
設置目安
54〜97m2
設置方法
天井取り付け型
使用ランプ
TUV PL-L 18W/4P
消費電力
22W
概寸法
外径193×高さ293 mm
重量
約4kg

ランプの交換時期について

「イージス360」はフィリップス社製の「TUV PL-L 18W/4P」を使用しております。こちらのランプはおよそ9,000時間を目安に交換を行います。交換作業は当社にて行います。

安全に関する注意事項

  • 点灯中のランプは、直接光、間接光とも、絶対に肉眼で見ないでください。
  • 皮膚にも直接または間接に照射しないでください。短時間でも眼や皮膚の著しい障害の原因となります。
  • 一般照明用には絶対に使用しないでください。
  • 取り付け・取り外し・清掃の時は、必ず電源を切ってください。
  • 消灯直後はランプが熱くなっておりますので、手や肌を触れないでください。
  • 調光器との併用はできません。故障の原因となるため、絶対に併用しないでください。

 

 製品資料ダウンロード  商品に関するお問合せ